自動車の積載制限の見直し、5月13日から道交法の改正令施行

投稿日:

Car Watch

Car Watch 編集部:椿山和雄2022年5月10日 05:00

2022年5月13日 施行

5月13日から施行される道路交通法の改正令により、幅も長さも車両の1.2倍まで積載可能になる

警察庁の公式Webサイトでは、5月13日から施行される道路交通法の改正令により、積載物の長さや幅等についての制限が変わる「自動車の積載制限」についての詳細を説明するパンフレットを公開している。

改正令の施行後では、「積載物の大きさの制限」については、長さは「自動車の長さにその長さの10分の2の長さを加えたもの」、幅は「自動車の幅にその幅の10分の2の幅を加えたもの」となる。また、「積載方法の制限」では、長さで「自動車の車体の前後から自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出さないこと」、幅で「自動車の車体の左右から自動車の幅の10分の1の幅を超えてはみ出さないこと」とした。

どうしてもはみ出てしまう場合は、出発地の警察署に制限外積載許可の申請を

なお、貨物が分割できず、積載物の重量、大きさや積載の方法の制限を超える場合においては、制限を超える積載をして車両を運転する人が、出発地を管轄する警察署長の許可を得るための手続が必要となる。そのほかにも、以下の自動車の積載に関する留意事項は変わりないとし、安全運転を心がけるよう呼びかけている。

・荷台や座席でないところに荷物を積んではいけない。
・定められた積載の制限を超えて、物を積んではいけない。
・運転の妨げになったり、自動車の安定が悪くなったりする積み方をしてはいけない。
・方向指示器、ナンバープレート、 ブレーキ灯、尾灯等が見えにくくなるような積み方をしてはいけない。
・荷物が転落しないように、 ロープやシートを使って荷物を確実に積まなければならない。

警察庁公式Webサイトで公開されているパンフレット

続きを読む…

Car Wach

-トッピクス・話題, 交通・地図, 地域・生活情報, 暮らし, 車・バイク・自転車

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.