平壌の市民が食料を「パニック買い」 原因は新型コロナか、それとも?

投稿日:

1:たいぷねこ ★:2020/04/23(Thu) 13:22:48
Consumers in North Korea’s capital this week have been “panic buying” food staples, causing some store shelves to empty, according to a news service that specializes in the country.
北朝鮮の首都・平壌の消費者は今週、食料品を「パニック買い」しており、いくつかの店の棚が空になる原因になっていると、北朝鮮専門のニュースサービスが伝えた。

The purchases may be due to stricter coronavirus measures on the way for Pyongyang and don’t appear related to reports this week that leader Kim Jong Un may be seriously ill, NK News reported, citing people who live in Pyongyang and were able to communicate outside the country. Shortages were initially limited to imported fruit and vegetables and then moved on to other goods, it said.
NKニュースが平壌市民から得た証言によれば、「パニック買い」は平壌でのコロナウイルス対策が強化されたためであり、金正恩総書記が重症である可能性があるという今週の報道とは関係がないようである。 不足は当初、輸入された果物や野菜に限られていたが、その後、他の商品に移っていったという。

North Korea closed its borders in January when coronavirus cases in neighboring China began to skyrocket. Kim’s regime has said it has no confirmed infections from the virus but the U.S. is “fairly certain” it has cases because of a noticeable lack of military activity, General Robert Abrams, commander of U.S. Forces Korea, told reporters in a teleconference briefing in March.
北朝鮮は、隣国中国の新型コロナウイルス感染が急増し始めた1月に国境を閉鎖した。 金政権は、ウイルスによる感染は確認されていないとしているが、在韓米軍のロバート・エイブラムス司令官は米国は軍事活動が目立っていないため、感染者がいると「かなり確信している」と、3月の電話会議で記者団に語った。

General John Hyten, the vice chairman of the U.S. Joint Chiefs of Staff, said in Washington on Wednesday he couldn’t confirm or deny the reports, adding “I assume that Kim Jong-un is still in full control of the Korean nuclear forces and the Korean military forces. I have no reason not to assume that.”
米統合参謀本部副議長のジョン・ハイテン将軍は水曜日、ワシントンで報道を確認も否定もできないと述べた。また、「金正恩氏がまだ北朝鮮の核と軍を完全にコントロールしていると私は想定している。それを否定する根拠はない」と付け加えた。

続きを読む

Source: trend情報

-トッピクス・話題
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.