土星の衛星・タイタンに「本来なら存在できないはずの砂丘」がある謎に科学者が迫る

投稿日:

OPTPiX Image

土星の第6衛星であるタイタンは、太陽系内で唯一豊富な大気を持つ衛星であり、地球以外で表面に安定的な液体を持つただ一つの天体でもあります。

いくつかの点で地球と類似した特徴を持つタイタンにおいて、「本来なら存在できないはずの地球のような砂丘が存在する」という謎について、

スタンフォード大学の惑星地質学者であるMathieu Lapôtre氏が率いる研究チームが新たな仮説を提唱しました。

タイタンは主に氷と岩石で構成された天体であり、窒素やメタンエタンからなる濃い大気を有しています。

また、タイタンには地球の水循環と似たメタン循環が存在し、液体メタンの雨が降り、表面にはメタンやエタンからなるが存在することも

確認されているなど、地球に類似した気象現象が存在していることで知られています。

続きを読む...

Source: GIGAZINE(ギガジン) 最新情報

-その他趣味, トッピクス・話題
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.