「脳にデバイスを埋め込んで耳鳴りを治す」というイーロン・マスク氏の計画は実現可能なのか?

投稿日:

by Web Summit

イーロン・マスク氏は2022年4月のツイートで、「脳に埋め込むデバイスで5年以内に耳鳴りが治療できる可能性がある」と述べました。長年にわたり多くの人を悩ませてきた耳鳴りを本当に治療できるのかについて、専門家が検証しています。

◆マスク氏のNeuralinkとは?
マスク氏率いるブレイン・コンピューター・インタフェース(BCI)の開発企業・Neuralinkのデバイスは、直径が人間の髪の毛の4分の1しかない繊維状の電極1000本を備えたチップを頭に埋め込み、Bluetooth接続で通信して義肢などを操作するというものです。

同社は2021年に、ペイジャーと名付けられたサルにBCIデバイスで卓球ゲームをプレイさせることに成功したことを発表し、その様子を収めた動画を公開しています。

脳にチップを埋め込んだサルが「思考」だけでゲームをする映像が公開される - GIGAZINE


◆Neuralinkのデバイスは耳鳴り治療に応用可能なのか?
オーストラリア・グリフィス大学でサイバーセキュリティを教えているデビッド・タフリー氏によると、耳鳴りは「外的な要因がないのに音が聞こえる神経学的な症状」と定義されているとのこと。内耳と脳をつなぐ内耳神経が大きな音やけが、血流の不足などで損傷することで発生することが分かっていますが、治療法は確立されていません。そのため、耳鳴りの治療は音を無視する方法をトレーニングしたり、環境音を聞いて意識をそらせたりすることが中心になっているそうです。

続きを読む...

Source: GIGAZINE(ギガジン) 最新情報

-トッピクス・話題
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.