月面にデータセンターを建設して世界中の貴重なデータを保存しようとするスタートアップが登場

投稿日:

アメリカのスタートアップ・Lonestarが2022年4月に、月面に建設したデータセンターに地球上の重要なデータを保管する計画を発表しました。Lonestarはすでに国際宇宙ステーション(ISS)を使ったデータ送受信テストに成功し、500万ドル(約6億3800万円)の資金調達を達成しています。

Lonestar plans to put datacenters in the Moon's lava tubes • The Register
https://www.theregister.com/2022/05/21/lonestar_moon_datacenter/

2022年2月、LonestarはISSでのデータ保存とエッジ・コンピューティングのテストに成功したことを発表しました。

このテストではISSにあるコンピューターでCanonicalのUbuntu仮想マシンを起動してエッジサーバーとして再構築し、ブロックチェーン技術を用いたアプリを実行して、そのデータを地球に送り返すことに成功したとのこと。

すでにLonestarはシードラウンドで投資家から500万ドルの資金を調達しており、さらなる資金を調達するべく、NASAが出資する航空宇宙企業のIntuitive Machinesと共同で「月着陸船を使ってソフトウェアとハードウェア両面での概念実証実験」を行う契約を締結したと、2022年4月に発表しました。

この概念実証実験ではデータのアップロードとダウンロード、そしてエッジ・コンピューティングのテストを行う予定となっています。記事作成時点ではデータ通信の帯域を選定している段階で、LonestarはSバンドXバンドKaバンドで月とのデータ送受信を行う許可をすでに得ているそうです。

月は地球の周りを公転しながら自転しており、常に同じ面が地球を向いているため、「月面にデータセンターを建設しても常に地球との通信が可能」というのが、Lonestarが打ち立てる月面データセンター計画の要です。

この概念実証実験では、Intuitive Machinesが開発する商用月面着陸機「Nova-C」が月面着陸に成功するかどうかにかかっているとのこと。月は引力が強い上に大気が非常に薄く、着陸プロセスの精度と速度が求められるため、Nova-Cを月面に無事着陸させるのはかなりの高難度ミッションといえます。

Lonestarの創設者であるクリストファー・スコットCEOによれば、Lonestarは2024年に5ペタバイト、2026年には50ペタバイトのデータを格納できるサーバーを月に打ち上げることを計画しているそうです。「サーバーを月に打ち上げる頃には、15Gbps規模の通信をアンテナから送受信し、月にデータをホスティングできるようになるでしょう」とスコットCEOは考えています。

続きを読む...

Source: GIGAZINE(ギガジン) 最新情報

-IT・テクノロジー, トッピクス・話題, 世界中のおもしろニュース
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.