「宇宙と空の境界線はどこにあるの?」を専門家が解説

投稿日:2022年5月29日 更新日:

「地表と宇宙は壁や膜で仕切られずにつながっている」ということをよく考えると、空恐ろしくなってくる人もいるはず。

致命的な宇宙放射線からの保護や水の循環など、地球の大気は生命にとって重要な役割を果たしていますが、地球のサイズからすればほんの薄皮のような厚さしかありません。

そんな地球の空は一体どこまでで、どこからが宇宙なのかという素朴な疑問について、大気や宇宙の専門家が解説しています。

Where does Earth end and outer space begin? | Live Science
https://www.livescience.com/where-earth-atmosphere-ends

アリゾナ州立大学の宇宙物理学者であるカトリーナ・ボサート氏によると、大気の密度は地球から遠くなるにつれて低くなり、組成も変化して軽い原子や分子が支配的になるとのこと。

大気の密度が低くなると気圧が下がるので、飛行機の高度が急激に変わると耳や鼻をつないでいる細い管である耳管にも影響が現れます。

カリフォルニア大学デービス校で大気科学を教えているマシュー・アイゲル氏は、科学系ニュースサイトのLive Scienceに対し「飛行機が離陸する時に耳が痛くなることがあるのは、この気圧の変化によるものです」と話しました。

高度が上がり、空気がどんどん薄くなると、普通の飛行機では揚力が得られず飛べなくなります。ボサート氏やアイゲル氏らは、この飛行機が飛べなくなる境目が地球の大気の終わりであり、また宇宙の始まりだと考えています。

具体的にどの高さになると飛行機が飛べなくなるのかは、さまざまな条件によって変わってきますが、航空分野に関する多くの機関は便宜上、高度100kmのカーマン・ラインを基準としています。

これは、ハンガリー出身の航空工学者であるセオドア・フォン・カルマン(英語読みするとカーマン)の名前にちなんだものとのこと。とはいえ、カーマン・ラインは物理的なものではないので、もし誰かが高度100kmに達しても特に何も変化せず、カーマン・ラインに気づくこともないだろうと、アイゲル氏は話しました。

続きを読む...

Source: GIGAZINE(ギガジン) 最新情報

-その他趣味, トッピクス・話題
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.