関西凱旋のアヴちゃん&森山未來が湯浅政明監督とともに映画『犬王』舞台挨拶に登場

投稿日:2022年5月29日 更新日:

劇場アニメ『犬王』が2022年5月28日(土)から公開されたのを記念して、5月29日(日)に梅田ブルク7で「『犬王』開幕記念!

関西凱旋舞台挨拶」が開催されました。

W主演の犬王役・アヴちゃん(女王蜂)と友魚役・森山未來さん、湯浅政明監督が登壇し、作品を語りました。

劇場アニメーション『犬王』 
https://inuoh-anime.com/

こういった舞台挨拶では進行役から名前を呼ばれて登場するスタイルが一般的ですが、今回は作品内容に合わせて、来場したお客さんが音楽とともに「ドンドンパッ」と膝と手を打ち鳴らす中の登場となりました。

犬王役・アヴちゃん(女王蜂)、友魚役・森山未来さん、湯浅政明監督。

アヴちゃんと森山さんは神戸出身。タワーレコード神戸店に貼られるポスターにサインを入れた際、アヴちゃんは「地元」と書いたとのこと。

本作の舞台が京都ということで、関西についてのイメージや思い入れについて聞かれたアヴちゃんは、自身がバンド「女王蜂」を結成してのし上がってきた地であると語りました。また、保育園のころ先生に一生懸命話をしたとき、最後に「アヴちゃん、オチないの?」と言われた経験から、「コメディ・ゴッサムシティ」とも表現。

これについて「そういう教育を受けていない」という湯浅監督は、『マインド・ゲーム』のときに今田耕司さんをはじめとしたキャストと舞台挨拶などに出る機会があったときに「まだキャラ決まってないんですか?」と言われたりした経験を思い出したとのこと。

また、湯浅監督は京都を舞台にした作品を複数手がけているほか、関西はスパイスカレーの聖地になっているので、カレーを食べに来るというエピソードを披露。アヴちゃんから「(監督は)カレーピープルですから」と補足されていました。

続きを読む...

Source: GIGAZINE(ギガジン) 最新情報

-その他趣味, トッピクス・話題, 芸能・エンターテーメント, 趣味・娯楽, 音楽・映画
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.