記事広告の書き方「初心者・初級者」バージョンで押さえるべきポイントは3つだけ

投稿日:2022年5月30日 更新日:

まず肝に銘じるべき書き方の大原則は「誤字・脱字」をゼロにする、これです。

「直接CVを目指すべきでは?」とか「集客や広告特性を考えるのでは?」とか「読者のペルソナを決めるのでは?」とか「ニーズの調査は?」とか「フレームワークの設定は?」とか「記事LPの構成を決めるのでは?」などなど、あまりにもそこらにあふれる記事広告のセオリーを解説する凡百のエントリーと違いすぎて戸惑っていると思いますが、そのような通常の記事広告の書き方は間違っていると断言できます。なぜかというと、「記事」を作るのが第一だからです。

本来、GIGAZINEの「記事広告」に求められる最低限のレベルは何かといえば、「普通の、通常の、GIGAZINEに掲載されている記事とまったく同じクオリティであること」、となります。広告主からしても、最も不安な点は何かといえば「せっかくお金を払っているのに低いクオリティだと困る」、まさにこれではないでしょうか。誤解を恐れずに言うなら、過去に他メディアで記事広告を発注したことがある経験者であれば、いかに通常メディアの記事広告のレベルが圧倒的に低いのかは身をもってわかっているはず。なぜかというと、そもそもちゃんとした訓練を積んだ編集や圧倒的な経験のある記者が書いていないからです。

GIGAZINEの記事広告はいつものレビュー記事を書いているGIGAZINE編集部が担当します。外部のライターに丸投げしたり、どこかのクラウドソーシングへ下請けに出したりは絶対にしません。普段から記事を作り続けている百戦錬磨のプロフェッショナルたちが全身全霊で記事を仕上げてくれるからこそ、きちんと成果の出る記事広告になるわけです。

とは言うものの、全員が全員、最初から「プロ」ではありません。初心者や初級者の時代は誰にでもあります。以下に書かれている点は、日々、GIGAZINEの記事を作成し続ける編集部がその20年以上の経験から編み出したもののうち、「初心者・初級者」向けのものになります。以下の基本的な3点を押さえるだけで、きちんとした基本的な「記事広告」が完成します。

・記事広告の書き方「初心者・初級者」バージョン3つの掟

1:誤字・脱字ゼロ

2:平易な表現を使う

3:仮想体験

それぞれどういうことを具体的にすればいいのかを簡単に書いていきます。

続きを読む...

Source: GIGAZINE(ギガジン) 最新情報

-IT・テクノロジー, トッピクス・話題, 知識・生活情報
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.