なぜ腰痛の原因になる「腹筋運動」が体育の常識となったのか?

投稿日:2022年5月31日 更新日:

子どものころの体育の授業で、足をクラスメイトに押さえてもらいながら上半身を起こす腹筋運動をやらされて、大変な思いをしたことがある人は多いはず。これはアメリカでも同様とのことで、長らく腹筋を鍛える運動の代名詞だった腹筋運動がなぜ教育現場に導入され、そして廃れたのかを、アメリカの月刊雑誌・The Atlanticがまとめています。

The Death of the Sit-Up - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/health/archive/2022/05/sit-ups-crunches-lower-back-pain/639437/

The Atlanticによると、アメリカで腹筋が流行するようになったのは、19世紀に始まった都市化がきっかけとのこと。「元気な農家の国だったアメリカが運動不足な都会人の国に変わってしまう」という懸念は特に、精強な兵士が必要な軍隊にとって悩みの種でした。

こうした不安は、長い間アメリカ人の考え方に影響を与え、軍隊式のトレーニングを市民の体育に取り入れる流れが生まれました。そして1940年代に入り、アメリカ陸軍が士官候補生の試験と身体訓練に上体起こしを導入したことで、一気に上体起こしがアメリカ中に広まりました。これが、半世紀以上にわたって子どもが腹筋運動をやらされることになった直接の理由だと、The Atlanticは述べています。

by Georgia National Guard

とはいえ、身体の動きや筋肉の働きについての理解が進んだことで、2000年代半ばから腹筋運動が少しずつ下火になっていきました。その理由について、アメリカスポーツ医学会のインストラクターであるピート・マッコール氏は「昔の解剖学者は、筋肉の周りの組織を取り除いて観察し、腹筋が背骨を動かすのに必要なものだと考えたわけです」と述べて、特定の筋肉が単体で動くわけではないことが分かってきたからだと指摘しました。

確かに6つに割れた腹筋、つまり腹直筋は引き締まった腹部で最も目立つ筋肉ですが、他にも横隔膜、腹斜筋、脊柱起立筋骨盤底筋など、胴体の動作には多くの筋肉が関わっていることが分かっています。そのため、フィットネスの専門用語では「腹筋」に変わって「体幹」という言葉が使われるようになりました。しかし、これが分かるまでには何十年も時間がかかったので、その間に古い解剖学に基づいた誤解は人々の間に広く定着しました。

続きを読む...

Source: GIGAZINE(ギガジン) 最新情報

-トッピクス・話題, 暮らし, 知識・生活情報
-

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.