「健康改善法等体の話題」 一覧

50万人を10年追跡した調査で「乳製品の摂取量が多い人はがんになりやすい」ことが判明

牛乳やチーズなどの乳製品は良質なタンパク質やカルシウムが豊富な食べ物ですが、乳製品と健康に関する調査や研究の多くは、乳糖が分解できない乳糖不耐症の人がほとんどいない欧米で実施されたものなので、日本人に ...

遺伝子編集技術CRISPR-Cas9で「食べるだけでビタミンDを豊富に摂取できるトマト」を開発

ビタミンDは人間にとって必須栄養素の1つですが、十分な量のビタミンDを食べ物だけで摂取するのは難しく、ビタミンDの欠乏症は深刻な健康問題となり得ます。 イギリスのジョン・イネス・センターの研究者が、C ...

地球温暖化がもたらす寝苦しい夜が世界中の人々の「睡眠」を着実に悪化させている

2022年5月23日(月)からの1週間は西日本などで真夏日が続出すると予報されており、「まだ5月なのにもう暑い」と感じている人も少なくないはず。 日中のみならず夜間の気温上昇にもつながる気候変動により ...

「陰茎への電気ショック」で早漏が治り持久力が40秒から5分になったとの医学的事例が報告される

「日本人の成人男性の1300万人、約3.5人に1人が早漏で悩んでいる」との調査結果があるように、射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に短くなる早漏は多くの男性にとって悩みの種です。 そんな早漏 ...

「速歩きは健康にいい?健康だからスタスタ歩けるだけ?」問題が決着か、

DNAの研究で「速歩きの人は老化が遅い」と判明 イギリス人40万人以上の遺伝子データと歩行ペースを分析した大規模な研究により、運動量に関係なく「歩くのが速い人は老化が遅い」ということが示されました。 ...

中高年の「最適な睡眠時間」が判明、約50万人の調査により

30代後半から70代前半までの約50万人が参加した追跡型の健康診断の結果から、中高年が良好なメンタルヘルスや幸福度、認知能力を保つ上で最適となる睡眠時間が割り出されました。 中国・復旦大学のYuzhu ...

直火焼きビーフパティにベーコンてんこ盛りで肉感マシマシなバーガーキング

バーガーキング「ベーコンブースター」とパティ3枚重ねの「チーズ&チーズ」を食べてみた バーガーキングの、大口を開けて食べるバーガー「ビッグマウス」シリーズに、新たに「ベーコンブースター」が加わりました ...

自殺や自傷行為について考えるとストレスが軽減されることが判明

大切な人の死や大きな挫折など、押しつぶされそうなほどつらい思いをした人の中には、自殺が頭をよぎったことがある人もいるはず。 しかし、生き物にとって避けるべき死のリスクとなる「自殺や自傷行為」についての ...

Copyright© スマホ トレンド(Trend)情報サイト , 2022 AllRights Reserved.